タレントオーディションの歴史

タレントオーディションは、1965年にスタートした「味の素ホイホイ・ミュージック・スクール」が原点だと言われています。

タレントオーディション経験者の口コミ

オーディションに合格!

タレントオーディションに合格しても、すぐに活躍できるわけじゃないので、目標を持つことが大切だと思った。

一次に受かっても安心できない

タレントオーディションの一次に通っても、二次で落ちる確率は高いから浮かれちゃいけない。

前回のくやしさをバネに頑張る!

前回は二次審査であっさり落ちちゃったから、次は絶対に頑張りたい!自己アピールのダンスの練習をする!

前日は緊張して眠れなかった

オーディションの前日にいろいろと考え過ぎちゃって、結局眠ることができなかったよ。

タレントオーディションたくさん受けた

タレントオーディションはたくさんの事務所で行われているから、いろいろと受けてみるといいかも。

受かれば芸能界で働ける

フラダンス

タレントになりたいと考えていても、どうやってなれば良いのかまったく見当がつかない方もいるはずです。もしも、近くに芸能事務所があるのなら、そちらに入ることを考えてみましょう。芸能事務所なら映画やテレビの仕事を行う方法を知っているので、入ればタレントとして活躍できる道が開けます。ただし、芸能事務所は誰でも入れるというわけではなく、ほとんどのケースではオーディションが用意されています。それに受かることで初めて芸能事務所と契約ができて、タレントとして活動ができるようになります。芸能事務所の公式ウェブサイトを訪れれば、いつオーディションが開催されるのか紹介されているのでチャレンジしたいならチェックしましょう。

芸能事務所をチェック

舞台

オーディションを受ける場合、芸能事務所のものならどれでも良いというわけではありません。自身がどのようなタレントになりたいのか、きちんと考えたうえでそれにあった芸能事務所を探すようにしましょう。モデルが多く所属するところもあれば、バラエティタレントが多く所属するところだってあります。自身の個性に合ったところのオーディションを受けなければ、せっかく合格しても、タレントとして活躍できない可能性もあるので注意しなければいけません。

募集要項をきちんと把握

女の子

芸能事務所が開催するオーディションの募集要項には、どのような人物を求めているのか記載されています。年齢だったり性別だったり、自身ではどうしようもない要素が含まれているケースもあるので、しっかりとチェックしましょう。募集要項に違反していては、初めに行われる書類審査でほぼ間違いなく落ちてしまいます。タレントになりたいと焦っているかもしれませんが、募集要項だけはしっかりと読んでオーディションに参加するようにしましょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中